--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010
02
15

解禁!2/27(土)【THE ART PARTY】 開催!

I Art
 【THE ART PARTY】
         -Fine Art × Party Culture-



共催 Civic Art/Star-Porte (50音順)


日時 2010/02/27(土) 19:30~22:30(open19:00)

会場 小山登美夫ギャラリー 7F
   
より大きな地図で 小山登美夫ギャラリー を表示
135-0024 東京都江東区清澄1ー3ー2ー7F(丸八倉庫ビル)
Tel:03-3642-4090
*最寄駅:東京メトロ半蔵門線、都営地下鉄・大江戸線、清澄白川駅A3番出口より徒歩5分
     東京メトロ半蔵門線、水天宮前駅1a番出口TCATより徒歩7分 

料金 Advance\3,000(1d+food+プレゼント獲得権)
   Door\3,500(1d+food+プレゼント獲得権)

クローク 300円にて7F会場内にて受付

定員 150名 (会場のキャパ限界)*先着前予約優先

Art Exhibition  桑原正彦 展

《パーティコンテンツ》 

ポール&シルクエアリアルダンス akane☆プラチナ(studio polish)
  you tube例http://www.youtube.com/watch?v=kqgGwOpXrWk

ジャズライブ 横田寛之トリオ「エスニックマイノリティ」
  you tube例http://www.youtube.com/watch?v=9Q0p17-UZ1g

DJ Creative-Radio (Star-Porte)  and,,,

パティシエ Mizuho Ichikawa(Cafe Linx@原宿)

エンジェルシフォンケーキ/Maia's Box
 http://www.maiasbox.com/

協力 MHD モエ・ヘネシー・ディアジオ ヴェルベデール(Belvedere)
http://wrs.search.yahoo.co.jp/;_ylt=A3JvRnxS8nhLWGkAM8.DTwx.;_ylu=X3oDMTEzbmRqbXJjBHBvcwMyMQRzZWMDc3IEc2xrA3RpdGxlBHZ0aWQDanAwMDEw/SIG=1190gg7dt/EXP=1266303955/*-http%3A//www.mhdkk.com/


『世界で当たり前のアートギャラリー/美術館でのパーティカルチャーを日本で開催!』

日本にも各種パーティカルチャーが定着して来た昨今。ここにきて本格的なプレミアムクオリティパーティの登場です。
13404531_151.jpg
*Sex and the cityのパーティ風景より

Sex and the city始め最近人気の海外ドラマではよく見かけるアートギャラリーを使用しての社交パーティ。

party100227_02.jpg
NYのギャラリー街 チェルシーのパーティー風景 Photo: Kosuke Fujitaka

party100227_03.jpg
デミアン・ハーストの展覧会レセプションの様子

party100227_04.jpg
あのフランク・ロイド・ライト設計NYCグッゲンハイム美術館のパーティー『Dark After First Friday Night』

これ以外にも
じつは海外では各地定期的に開催されています。


しかし日本では今までほとんどありませんでした。


今回内容も前代未聞!

まずは選抜されたジャズライブをブッキング。
DJが心地よく気分の上がるBGMを!
Sweets Createrがこの日のために特別なSweetsを販売!
ドンペリ、モエ・シャンでおなじみのMHDグループの協力でラグジュアリー&プレミアムウォッカ/ヴェルベデールブースが華を添えます。
party100227_10.jpg


そして、

そして、
前代未聞アートギャラリーにてポールダンスショーケース

圧巻は,天井高6mの高さからしなやかに垂れたシルクを使ってのダイナミックかつSexyな、シルクエアリアルダンス。
を試みようと思います。


パーティ会場、内容からも前代未聞。
ここで日本の既成概念の一つを日本を代表するNo.1アートギャラリーにて破壊され新しい価値、基準が生まれます。!


是非あなたのご自身の眼で体験してみて下さい!

Take a Creative Action!


《会場&展示作家説明》
今回の会場は日本におけるコンテンポラリー・アートのトップギャラリーである小山登美夫ギャラリー。
小山登美夫氏は『情熱大陸』はじめ各種メディアにもとりあげられ、日本においてギャラリストという職業を確立した人物。現代日本アートシーンを牽引する村上隆氏、奈良美智氏を世界に紹介し広めた功績、現在も同ギャラリーには奈良美智氏、蜷川実花氏、サイトウマコト氏始め多数のアーティストが所属しています。
party100227_11.jpg

清澄白河の倉庫を改築したギャラリーコンプレックスに位置する巨大なホワイトキューブが一夜限りのパーティースペースとしてプロデュースされます。
倉庫街のような雰囲気ときらびやかなArtと社交のエッセンスとのギャップがより非日常性を際立たせ、通常のPartyに飽き足りた人々をより惹きつけるはずです。

今回のパーティーで展示されるのは、桑原正彦の新作ペインティング。
party100227_12.jpg

桑原正彦の絵画作品は、現代社会に生きる私たちが普段見過ごしている世界の奇妙さを、軽妙にすくいとってみせてくれます。
都市部の淀んだ水辺に生息する奇妙な動物、体の半分がハムになってしまった畸形の豚のような生物、その他名前すらつくことのない無数のキャラクター、或はチラシや雑誌広告に毎日のように掲載される、無名の女性モデルたち・・・
これらは、全てのイメージが消費されていくこの世界において、いわば最も安価な場所にいるからこそ、悲用な色彩とともに描かれることによって、ある種の救済としてはたらいているかのようです。

ユニークなディレクションとスペース、無条件に美しい作品群、それらのマッチングがPartyという非日常の空間と時間を最大限に演出してゆくことでしょう。

《展示作家/桑原正彦プロフィール》
桑原正彦は1959年東京都生まれ。
小山登美夫ギャラリーでの個展は、99年『眺め』、01年『暮らしと膿』、05年『土地開発』、07年『夏の終わりに』、08年『窓』があります。
桑原正彦の絵画作品は、現代社会に生きる私たちが普段見過ごしている世界の奇妙さを、軽妙にすくいとってみせます。
主な展覧会は、『TOKYO POP』(96年、平塚市美術館、神奈川)『The Japanese Experience - Inevitable』(02年Ursula Blickle ら、04年ザルツブルグ近代美術館、オーストリアへ巡Stiftung財団、クライヒタール、ドイツか回)、『POPjack: Warhol to Murakami』(02年、デンバー現代美術館、コロラド)、『リボンの騎士の秘密の森』(04年、M.Y. Art Prospects<太郎知恵蔵キュレーション>、ニューヨーク)、『ポートレート・セッション』(07年、広島市現代美術館/ナディッフ、東京)、アメリカでの個展(08年、Richard Heller Gallery、サンタモニカ)など。




Take a Creative Action!

R0010782.jpg
「会場で待ってるよ!!」


Star-Porte tommy a.k.a Creative-Radio
スポンサーサイト
Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


Trackback
Trackback URL

«  | HOME |  »

クリエイティブコミュニティ/『Star-Porte』、プロジェクト『Love-unlimited』、TV『Kiss TV』 Story

プロフィール


Numero tokyo watch


IwamuraManabu『Woman』


最新記事


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク


ブロとも申請フォーム


QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。